鳥をたずねて三千里

定年退職後、鳥の写真を撮って楽しむおじさんのブログ

レンカク、初見・初撮り!

レンカク、夏羽・華麗な雄姿

今週初めに教えて貰った、湖北のレンカクを訪ねて早朝(3:30)出発!
情報の確認をさせて貰った〇ー〇んも同行するとの事。
強い援軍に勇気凛凛、名神・湖岸道路も快適に走行して5時過ぎに現
地到着、滋賀県近隣ナンバーの車が7台程駐車している。
機材をセットして水辺のポイントへ、既に10人位が良い場所は占領
して待ち構えていた。
少し、〇ー〇んと話しながらの出演待ち。
と、出てるよ~との声、一斉に押すシャッター音が響く。
結構遠いポイントだがレンカク自体は綺麗な鳥で噂に違わず魅力充分!
同じ水面にはカンムリカイツブリ・バン等も営巣中、又、カルガモや
ゴイサギの親・若鳥等も周辺の水面や葦に陣取って、レンカクを引立て
る様に泳いだり飛んだりして騒がしい。
その内適当なタイミングで出没して、蓮の中を歩いたり姿を隠すと蓮の
後ろから飛び出したり葉から葉へとジャンピングで場所変えをしたりと
蓮の花を絡ませる様にして撮影を存分に楽しませてくれた。

レンカクD延勝寺20110729_1


レンカクC延勝寺20110729_1


レンカクB延勝寺20110729_1


レンカⅦ延勝寺20110729_1

9時過ぎには、末席状態の自分のポイントが特等席となる,20m位の真
横の湖面に飛んで来り、蓮の花をバックに飛んだりと自分なりには充分
に愉しい取材日和となった。

レンカクⅤ延勝寺20110729_1


レンカクⅡ延勝寺20110729_1


レンカクⅢ延勝寺20110729_1


レンカクXD延勝寺20110729_1



レンカクXB延勝寺20110729_1


レンカクⅥ延勝寺20110729_1

二度目の取材となった、〇ー〇んも前回よりサービスが佳かったので、
メディアを8GBを使用したと笑っていた。
結果、午前中の方が出が良く午後は時間待ちが長く少々気持ちがだれて
退屈な時間を費やす事になった。
珍しく、〇ー〇んから帰るコールが有り16時に店仕舞いをし帰途に着く。
湖西道路の真野~坂本間で渋滞に巻き込まれたが、所要時間は2時間半で
無事に帰阪し、今日の楽しみはお終い。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/30(土) 18:40:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コノハズク、雛見物。

コノハズク、PART2

今日もコノハズク見たさに、○田さんと暁の出陣で八東を目指す。
現地に5時30分に到着する、既に8台位の車が駐車している。
ゲートの開門時間に掛って入れず、此処で人脈の絆を多痛感させられる。
(kazuさんに連絡しておけば何とかなったかな?、後の祭り)
着いて間もなく「しいさん」夫婦と久し振りにバッタリ!
結局、7時30分に開門、直ぐに20人程が入り自在に自分のポイントで
待機する。
朝の5時頃に、宿泊客の一人が巣穴から出た雛を逆光絡みで撮ったとの話
を社長が盛んにアピールしていた。
実際、撮られた方がカメラのモニターで見せてくれたが・・・
その内、すーやん・あなごさん・isasan達もやって来て相当な人出で管理
棟の前は混雑する。
前回同様、管理棟近くで雄の親を撮り、顔見しりの人達と駄弁りながら雛の
登場を待つ。

コノハズクD八東20110725_1

雛の出演待ちに上のポイントへ・・・、何故か整理券を発行し規制して撮
影する事になっていた。
公園の人がポイントを教えてくれて、前回と違って少しは撮りやすいが、
上手に隠れているのは矢張り天性の防護術になっているのかな~と、勝手に
推測する。

コノハズクB八東20110725_1

その後、雛ポイントに戻って待機していると「わこさん」夫婦達も来て益
々賑やかな取材となる。
上のポイントの整理券を貰ったので、上の親を撮りに行く。
前回よりは少しは良い場所にいたが、判り辛いのは変わり無く係の方の世
話になってさっさと済ませる。
その後、雛ポイントに戻り待機、暫らくするとしいさんが慌てて動くので
ついていくと、雌親を見つけたとの事で一緒に撮らせて貰う。

コノハズク雌E八東20110725_1


コノハズクC八東20110725_1

待機中の他の人も急いで集まったが、雛と違うと判ると少し落ち着きが戻る。
昼食後、13時30分頃に束の間の顔見世を行ったが直ぐに巣穴の奥へ戻る。
その後は一向に動きが無く諦めムードが漂い始めた、15時20分頃に
やっと姿を見せ1時間半程穴からは出る事は無かったが堪能させてくれた。

コノハズク雛②八東20110725_1


コノハズク雛⑧八東20110725_1


コノハズク雛⑦八東20110725_1


コノハズク雛⑤八東20110725_1

17時30分に八東を出て20時に帰宅。
今回も、○田君に世話になりっぱなしのウォッチング!感謝・感謝。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/27(水) 09:15:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑さ凌ぎの大けやき

豊能へ避暑?
7/22

今日は、朝から再来週に昨年骨折した足首の金属の取外し手術をするのだが、
2週間前に南公園でその個所を強く挫き痛みが尾を引くので、確認の為に病院
へ行きレントゲンを撮って診て貰ったが大丈夫との事だった。
家内も腰痛のリハリビに病院へ行ったので、時間潰しと避暑を兼ねて野間へ。
着くと駐車場は満杯状態。
何処とも鳥枯れなのか、5~6人程の人達が欅の横の柿の樹に留っている親1
雛3が集まっているポイントを狙ってシャッターを切っていた。
中に、isasan・ヤナッチ・○藤さんの顔も見え共に駄弁りながら時を過ごす。
矢張り、此方も夜行性なので日中は余り動きが無く撮影よりもしゃべくりの方
に時間を費やした感じ。(笑う)
と、言う事で毎度お馴染のアオバズクシのあれこれです。

アオバズク6野間20110722_1


アオバズク4野間20110722_1


アオバズク3野間20110722_1


アオバズク2野間20110722_1

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/23(土) 17:09:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブッポウソウIN吉備

ブッポウソウ、飛翔にチャレンジ!

7/17

昨日は鳥友の好意でコノハズクをGET!して、啼き声をも聴かせて貰い感動!
今日はその足で「名前のブッポウソウ」を撮りに早朝出発。
R29からR429・R53・R429経由で吉備へ。
昨日のポイントで情報過多の様相が有ったが、向う途中ポイント近くの橋でヤマセミを狙って
いる地元の3人連れに頂いたポイントへ向う。
お勧め一番目は啼き声はするが近くには来ないので二番目のポイントへ。
此処は、雛が顔を良く出して親を呼び親も離れた所から応じるも、巣立ちを促しているのか巣箱
に近寄らず炎天下約2時間我慢するも親子の御対面を見れずに退却する。

ブッポウソウA吉備20110717_1

3番目のポイントへ、此処は先週に同行者が訪れたがシュチュエーションが芳しくないとの事で
パスしたらしいが先客に聞くと愛想良く顔見世するとの話なので此処に決定!
セットしてる間に飛んで来て撮る事が出来ず(ガックリ!)
然し、その後は手待ちになる事も無く飛んで来てサービスをしてくれ、昨日コノハズクで一緒だった
中京地区(今頃、此の言葉を使うかな?)のグループと名古屋かに撮影する。
カメラの知識も無く成り行き任せに撮っていたが、〇尾さんに設定方法を教えて頂き飛びものの撮影
にチャレンジ!

ブッポウソウC吉備20110717_1


ブッポウソウE吉備20110717_1


ブッポウソウG吉備20110717_1


ブッポウソウD吉備20110717_1


ブッポウソウF吉備20110717_1


ブッポウソウB吉備20110717_1

巣箱絡みでみっともないが一応の感触を愉しんで、二日に亘るコノハズク・ブッポウソウツアーの
終りです。
帰途、行き掛けに見たヤマセミポイントへ。
何とか見つけ出して、約1時間飛び込みもして遊んでくれたが時間が遅くSSが上がらず自分の機材では
如何ともならず・・・

ヤマセミ吉備20110717_1

15日の明石の空振りに始まって、今日まで3日間お世話になり放しの〇尾さんに感謝しつつ無事帰宅。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/20(水) 10:31:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コノハズクに逢いに・・・

コノハズク(赤色型・褐色型)との出逢い

7/16 

親切な鳥友の好意で、紹介をして頂いた鳥取県のポイントへ。
深夜、鳥(コノハズク)取へ出発する。
途中もう一人の鳥友と合流する為に時間調整をしながら走って、現地で合流して仮眠。
程なく、ポイントの主が来て我々3人のみを園内へ入れてくれる。
此れは、同行してくれたお二人が主の親友で以前から何度も訪問されている関係で自分も
そのおこぼれに預かったわけで好い想いをさせて頂きました。
管理棟の前で3人に情報を説明して頂き、既に来園されてコノハズクを撮られた方達の
写真をテーブル一杯に広げての暫しの歓談を愉しむ。(同行者お二人の分も含めて)
暫らくして、夜が白じんで来た頃に、眼の前の管理棟の直ぐ後方の樹に赤翡翠が啼きな
がら飛来して留まる、暫らく啼き放題で有ったが悲しい事に薄明りで姿は見えずガックリ。
アカショウビンは此処の看板娘らしいが、声はすれども姿は見えず・・・
中々、撮影するのは至難の技らしい。
話に依ると、コノハズクを見れる事が結構希少価値らしいのだが、今、話題のコノハズク
は赤色型とかで相当遠方からの来園者が相当居るそうだ。
この様な野鳥を鳥友の好意で、見れて撮影出来る佳い機会を与えて頂き感謝で一杯でした。
時間の経過と共に辺りが少し見え始めると、主が、カメラをコノハズクの
留まる枝に設定してくれたので待機する。
流石、主の設定に狂いは無く、いとも簡単に撮影出来た。

コノハズク1八東20110716_1

ネットに流されている如く、樹木の葉を背景にカメラマンが並んでいる方に姿を向けて、
眠り・左右を下を睨む様な仕草、又、時折耳を屹度立てて精悍な表情を見せてギャラリーを
満足させてくれた。

コノハズク4八東20110716_1


コノハズク6八東20110716_1


コノハズク8八東20110716_1


コノハズク7八東20110716_1

落ち着いて辺りを見回すと、凡そ30~40人遊歩道に座り込んでの大撮影会の様相を呈している。
中には、顔見知りの方達も居られて近況の事など話しながら暑さを気にする事も無く時折変化
するパフォーマンスの度にシャッターを押して楽しむ。
が、一日中同じ枝に留まりパフォーマンスが殆ど無く少し物足りなさを感じたが、逢えた事が
Luckyの一語に尽きる!かも
その後、褐色型のコノハズクも居るとの事で少し離れたポイントへ。
此方のポイントにも20人位は居られて、細い枝や蔓に絡んだ難しいポイントに鎮座まします主役
を盛んに撮られていた。

コノハズクA八東20110716_1


コノハズクB八東20110716_1


コノハズクC八東20110716_1

矢張り夜行性の野鳥の性質そのままの行動で、枝を少し横に移動しただけで飛び立ったのは
19:30頃だったとの話を聞き、レトルト食品で夕食の最中に「ブッ・キョ・コー」との啼き声のBGMを
隣の顔見知りのグループと楽しみながら聴きつつ済ませバンガローにて宿泊。
明日は、吉備のブッポウソウを狙って早立ち!

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/18(月) 18:35:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

鳥をたずねて三千里

Author:鳥をたずねて三千里

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アオアシシギ (0)
アオゲラ (17)
アオサギ (0)
アオシギ (1)
アオジ (2)
アオバズク (18)
アオバト (6)
アカアシアジサシ (0)
アカアシカツオドリ (3)
アカアシシギ (0)
アカアシチョウゲンボウ (0)
アカエリカイツブリ (1)
アカエリヒレアシシギ (2)
アカガシラサギ (7)
アカゲラ (16)
アカショウビン (13)
アカハシハジロ (0)
アカハジロ (0)
アカハラ (0)
アカハラダカ (1)
アカマシコ (1)
アトリ (1)
アネハズル (0)
アマサギ (1)
アメリカウズラシギ (1)
アメリカコガモ (2)
アメリカヒドリ (2)
アメリカコハクチョウ (0)
アリスイ (6)
イカル (0)
イカルチドリ (0)
イソシギ (0)
イスカ (12)
イソヒヨドリ (0)
イナバヒタキ (0)
イワツバメ (1)
ウグイス (4)
ウズラシギ (2)
ウソ (6)
ウタツグミ (1)
ウチヤマセンニュウ (0)
ウトウ (0)
ウミアイサ (0)
ウミウ (0)
ウミガラス (0)
ウミスズメ (2)
ウミネコ (0)
エゾビタキ (4)
エゾアカゲラ (2)
エゾセンニュウ (2)
エゾフクロウ (1)
エゾムシクイ (1)
エドピリカ (1)
エナガ (1)
エリマキシギ (2)
オオアカゲラ (2)
オオアカハラ (3)
オオアジサシ (0)
オオカラモズ (2)
オオカワラヒワ (0)
オオコノハズク (2)
オオジュリン (2)
オオジシギ (4)
オオソリハシシギ (2)
オオタカ (2)
オオチドリ (0)
オオハクチョウ (1)
オオハム (1)
オオバン (0)
オオヒシクイ (0)
オオマシコ (5)
オオムシクイ (1)
オオメダイチドリ (0)
オオヨシキリ (0)
オオヨシゴイ (2)
オオルリ (18)
オオワシ (0)
オカヨシガモ (0)
オガワコマドリ (2)
オグロシギ (0)
オシドリ (12)
オジロトウネン (0)
オジロビタキ (3)
オジロワシ (0)
オーストラリアセイタカシギ (1)
オナガ (0)
オナガガモ (0)
オバシギ (0)
カイツブリ (2)
カケス (1)
カシラダカ (1)
カササギ (1)
カッコウ (1)
カヤクグリ (0)
カモメ (0)
カラアカハラ (10)
カラシラサギ (1)
カラフトアオアシシギ (1)
カラムクドリ (6)
カルガモ (0)
カワアイサ (1)
カワウ (1)
カワガラス (3)
カワセミ (43)
カワラヒワ (1)
カンムリカイツブリ (0)
キアシシギ (0)
キクイタダキ (1)
キジ (9)
キジバト (0)
キセキレイ (0)
キタキバシリ (0)
キバシリ (0)
キビタキ (23)
キマユムシクイ (0)
キョウジョシギ (0)
キリアイ (1)
キレンジャク (3)
キンクロハジロ (1)
ギンムクドリ (14)
クイナ (1)
クサシギ (0)
クビワキンクロ (1)
クマタカ (1)
クロガモ (1)
クロジ (1)
クロサギ (2)
クロツグミ (2)
クロハラアジサシ (0)
ケアシノスリ (1)
ケイマフリ (0)
ケリ (1)
コアオアシシギ (1)
コアジサシ (2)
コイカル (4)
ゴイサギ (0)
コウライアイサ (0)
コウライウグイス (1)
コウノトリ (0)
コオリガモ (0)
コオバシギ (0)
コガモ (0)
コガラ (1)
コクガン (1)
コクマルガラス (2)
コゲラ (2)
コサギ (3)
コサメビタキ (3)
コシアカツバメ (0)
コシャクシギ (1)
ゴジュウカラ (1)
コジュケイ (10)
コジュリン (0)
コチドリ (0)
コチョウゲンボウ (2)
コノハズク (3)
コハクチョウ (0)
コブハクチョウ (2)
コホウアカ (0)
コマドリ (19)
コミミズク (26)
コムクドリ (1)
コヨシキリ (1)
コルリ (5)
ササゴイ (22)
サシバ (1)
サバクビタキ (5)
サルハマシギ (3)
サカツラガン (0)
サメビタキ (4)
サンカノゴイ (0)
サンコウチョウ (5)
サンショウクイ (0)
シジュウカラ (0)
シノリガモ (0)
シベリアジュリン (0)
シベリアハヤブサ (0)
シマアジ (1)
シマアカモズ (0)
シマフクロウ (2)
シメ (0)
ジュウイチ (3)
ショウドウツバメ (1)
ジョウビタキ (0)
シラコバト (0)
シロエリオオハム (1)
シロガシラ (3)
シロチドリ (2)
シロハラ (2)
シロハラクイナ (3)
シロハラゴジュウカラ (0)
スズガモ (1)
スズメ (1)
ズグロカモメ (2)
セイタカシギ (1)
セグロカモメ (0)
セグロセキレイ (0)
セジロタヒバリ (0)
セッカ (9)
センダイムシクイ (1)
ソデグロヅル (7)
ソリハシセイタカシギ(アボセット) (3)
ソリハシシギ (0)
ダイサギ (1)
ダイシャクシギ (0)
ダイゼン (0)
タカサゴクロサギ (9)
タカブシギ (2)
タゲリ (2)
タシギ (0)
タヒバリ (1)
タマシギ (10)
タンチョウ (1)
チゴハヤブサ (0)
チゴモズ (1)
チシマウガラス (1)
チフチャフ (2)
チュウサギ (0)
チュウシャクシギ (0)
チュウジシギ (0)
チュウヒ (0)
チョウゲンボウ (8)
ツクシガモ (1)
ツグミ (3)
ツツドリ・<赤色型を含む> (10)
ツバメ (1)
ツバメチドリ (7)
ツリスガラ (8)
ツルシギ (0)
トウネン (0)
トキ (0)
ドバト (0)
トビ (0)
トモエガモ (1)
トラツグミ (3)
トラフズク (0)
ナベズル (0)
ナベコウ (0)
ナンキンオシ (2)
ニュウナイスズメ (4)
ノゴマ (5)
ノジコ (0)
ノスリ (3)
ノハラツグミ (0)
ノビタキ (43)
ハイイロチュウヒ (1)
ハイイロガン (0)
ハイタカ (2)
ハギマシコ (0)
ハクガン (0)
ハクセキレイ (1)
ハシビロガモ (0)
ハシブトガラス (0)
ハシボソガラス (0)
ハジロカイツブリ (1)
ハジロコチドリ (1)
ハチクマ (1)
ハチジョウツグミ (0)
ハッカチョウ (5)
ハマシギ (0)
ハヤブサ (1)
バライロムクドリ (1)
バン (1)
ヒガラ (2)
ヒクイナ (4)
ヒシクイ (0)
ヒドリガモ (0)
ヒバリ (0)
ヒバリシギ (1)
ヒメウ (0)
ヒメウズラシギ (0)
ヒメハジロ (0)
ヒヨドリ (1)
ヒレンジャク (8)
ビロードキンクロ (1)
ビンズイ (0)
フクロウ (15)
ブッポウソウ (1)
ブロンズトキ (3)
ベニアジサシ (2)
ベニバト (1)
ベニヒワ (2)
ベニマシコ (17)
ヘラサギ (2)
ヘラシギ (1)
ホウロクシギ (0)
ホオアカ (8)
ホオジロ (1)
ホオジロガモ (1)
ホオジロハクセキレイ (1)
ホシガラス (0)
ホシハジロ (0)
ホシムクドリ (4)
ホトトギス (7)
マガモ (0)
マガン (1)
マキバタヒバリ (0)
マナズル (1)
マヒワ (2)
マミジロ (0)
マミチャジナイ (0)
ミコアイサ (12)
ミサゴ (0)
ミソサザイ (2)
ミゾゴイ (3)
ミミカイツブリ (3)
ミヤコドリ (1)
ミヤマガラス (0)
ミヤマホオジロ (9)
ミユビシギ (0)
ムギマキ (7)
ムクドリ (1)
ムナグロ (0)
ムラサキサギ (0)
メジロ (2)
メジロガモ (2)
メダイチドリ (0)
メボソムシクイ (2)
モズ (2)
ヤイロチョウ (10)
ヤツガシラ (5)
ヤドリギツグミ (1)
ヤブサメ (2)
ヤマガラ (1)
ヤマシギ (2)
ヤマセミ (5)
ヤマドリ (1)
ユキホオジロ (4)
ユリカモメ (0)
ヨシガモ (1)
ヨシゴイ (1)
ヨタカ (1)
ヨーロッパトウネン (0)
雷鳥 (3)
ルリビタキ (18)
レンカク (1)
ワシカモメ (0)
未分類 (221)
ソウシチョウ (3)
ベニスズメ (0)
風景 (1)
オオサンショウウオ (1)
栗鼠 (2)
年賀 (1)
花・ダリア (1)
花火 (1)
ドクターイエロー (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR